美容皮膚科医マキの美人肌入門☆

10年間で、4万人以上の患者様のレーザー治療、アンチエイジング治療を担当させて頂きました。 しみ・しわ・たるみ・にきび治療が得意です^^

*

しみの種類~最終回~

      2015/10/26

しみの種類についての連載もいよいよこれで最後ですWハート

(前のブログはこちら 

最後のしみは

後天性真皮メラノサイトーシス

 

とても難しい名前ですが、以前は

遅発性太田母斑と呼ばれていました。

 

前回の扁平母斑と同じく、「母斑」という言葉が

はいっているということはひらめき

 

これもしみではなく、あざの一種ですかお

 

両頬に(片頬のこともあります)そばかすよりも少し大きめの

灰褐色~紫褐色の色素斑が複数できます↓

blog_import_558eb461e8abb

 

成人してからできることも多いので、

肝班や普通のしみと思って

御来院される患者様がほとんどですニコ

 

たくさんのしみやあざを見慣れてないと、

肝斑や老人性色素班と間違えることが多く、

鑑別が難しいタイプのものです!!

 

あざの一種なので、いくら美白剤を塗っても

とることはできませんううっ...

 

Qスイッチルビーレーザーなどの強いレーザーを使うと

よく取れますが、回数はかかります汗

 

シミといっても、

原因によって治療法は違います。

シミの治療は正しい診断ができないと

治療することができません。


予想以上に長くなってしましましたが汗

最後まで、

お付き合い頂き、ありがとうございますWハート

しみのない綺麗な素肌を目指しましょうキラキラ



ランキングに参加していますWハート

よかったら、クリックで応援お願いしますコチラ

にほんブログ村 美容ブログ 美容皮膚科へ

 - しみ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。